DAIMULAR CORPORATION

民泊
2017年10月30日

NO.22『サイトコントローラーを使って予約を一元管理』

NO.22『サイトコントローラーを使って予約を一元管理』 イメージ

不動産投資では集客(入居者募集)を行うのは不動産会社です。管理会社が入居募集を行う場合がありますし、賃貸専門の客付会社(賃貸仲介会社)へ依頼することもあります。これが旅館業になると自社サイトをつくったとしても、主力となるのはホテル予約サイトです。ここで疑問となるのは、複数のホテル予約サイトで同時に集客をした場合、部屋をダブルブッキングしてしまうのではないかということです。ちなみにアパート・マンションの空室については管理会社が管理しており、やはり複数の客付会社をはじめ、複数の賃貸募集サイトを利用していますが、電話やFAX などで連絡を取り合い、部屋が埋まったら手動で募集サイトの掲載を取りやめるなど、かなりアナログなやり方が一般的です。

対して旅館業界では、複数のホテル予約サイトの在庫管理を一元管理できる仕組みとして、サイトコントローラーがあります。たとえば「ブッキングドットコム」に予約が入った瞬間、「じゃらん」や「楽天トラベル」など、集客をしているその他のホテル約サイトから、一括で部屋の在庫を減らすオンラインサービスです。こうして、ダブルブッキングがおこらないように集客管理ができるのです。サイトコントローラーは在庫管理(その日ごとに部屋がどれだけ空いているのか)をはじめ、季節ごとの料金変動や宿泊プランなど料金の設定や、チェックイン日、予約者情報といった予約管理が行えます。また、予約サイト別の販売実績や、部屋タイプ別の販売・稼働実績などといったデータを分析する機能もついています。サイトコントローラーはいくつかあり、基本的には国内の主要サイト、海外の主要サイトどちらにも対応しており、なかにはインバウンドを主力にしたサービスもあります。価格コムが提供していたり、リクルートをはじめ楽天やJTBの資本が入っているなど、しっかりした運営母体のあるサービスが多く安心できるのが特徴です。このようにサイトコントローラーを導入することにより、効率よく集客管理が行うことが可能です。旅館業界では常識となっており、小規模の簡易宿所はもちろん、旅館や大手のホテルまでが取り入れています。

■ 【民泊シリーズ】・・・・・・・・・

NO.1『ヤミ民泊の実態① 無断転貸』

NO.2『ヤミ民泊の実態②民泊向け物件』

NO.3『ヤミ民泊の実態③事業物件』

NO.4『旅館業とは?』

NO.5『簡易宿所営業とは』

NO.6『簡易宿所の条件』

NO.7『民泊のトラブル①近隣トラブル』

NO.8『民泊のトラブル②マナー違反』

NO.9『民泊のトラブル③事故・事件』

NO.10『ジャパン・レール・パス』

NO.11『ローコスト・キャリア』

NO.12『宿泊の多様性』

NO.13『合法的な民泊とは?(簡易宿所、特区民泊、民泊新法)』

NO14.『民泊マッチングサイト研究』

NO.15.『民泊運営のパターン』

NO.16.『簡易宿所の営業許可取得の流れ』

NO.17.『インバウンドは消費型から体験型の度へ!』

NO.18.『観光情報はブログ・SNSが主流』

NO.19.『簡易宿所のルームクリーニングはどうするのか』

NO.20.『フロント設置義務と無人チェックイン』

NO.21『外国人旅行者に向けた道案内とは?』

不動産投資を失敗しないためには、投資に関する情報を常にキャッチアップし、一時の感情で決断しないことです。不動産投資のプロであるダイムラー・コーポレーションは投資家の皆様に良質な物件をご紹介し、スピード感のあるサポートをいたします。一人ひとりに合った大事な資産形成をご提案致します。

無料登録してもっと見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ABOUT

ダイムラー・コーポレーションについて

面談のご予約や投資物件サイト"クラブ・ダイムラー"への会員登録はこちらから。
当社に関するご質問・ご相談等ございましたら、お問い合わせフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。