DAIMULAR CORPORATION

民泊
2017年12月26日

NO.35『メジャーな観光地が外国人に好まれるとは限らない』

NO.35『メジャーな観光地が外国人に好まれるとは限らない』 イメージ

外国人旅行客から好まれる日本旅行のコースに「ゴールデンルート」と呼ばれるものがあります。いくつか説がありますが、東京・名古屋・京都・大阪・姫路・広島・福岡と言われていますが、実際のところ、外国人旅行客は日本人が思っている以上に幅広い範囲で旅を楽しんでいます。これは私たち日本人も同じだと思いますが、海外旅行に慣れない頃はガイド付きの団体ツアーが主流でした。それが、徐々にホテルとエアチケットだけを手配する個人ツアーに変わっていきます。 つまり、行きたいところで好きなように観光するのです。「インバウンドは消費型から体験型の旅へ!」(リンク)「観光情報はブログ・SNSが主流」(リンク)で紹介したように、今は決まりきった観光地をまわる旅ではなく、体験を中心とした自分の趣向に合せた旅が主流となっています。そして、自らの体験をSNSで公開するため、情報が広く拡散していきます。その結果、観光する場所がだんだん広がっていくのです。世界的な旅行サイト「トリップアドバイザー」では、毎年「旅好きが選ぶ! 外国人に人気の日本の観光スポットランキング」を発表しています。9年目となる2017版では、1位は4年連続で京都の「伏見稲荷大社」(京都府)が獲得しました。京都といえば、日本人からすればメジャーな寺社は清水寺や金閣寺・銀閣寺といったところですが、外国人からは圧倒的に伏見稲荷大社に人気があります。2位の「アキバフクロウ」(東京都)はフクロウと触れ合えるスポットです。海外では衛生上の規定で動物と触れることが難しいことから、珍しい体験スポットとして人気があるようです。そのほか、猫カフェなども人気があります。そして3位は「広島平和記念資料館」(広島県)という結果になりました。今年初登場したのは、マジックショーが楽しめる「マジックバー フレンチドロップ」(大阪府)、英語でコメディーショーが楽しめる「ROR コメディー」(大阪府)やイルミネーションが美しいと話題の「なばなの里」(三重県)の3か所。日本人からすれば馴染みのないニッチなスポットも入ったユニークなランキングになっています。このように日本の観光は多様であり、都市圏でなくてもニーズがあることがわかります。

 

■ 【民泊シリーズ】・・・・・・・・・

NO.1『ヤミ民泊の実態① 無断転貸』

NO.2『ヤミ民泊の実態②民泊向け物件』

NO.3『ヤミ民泊の実態③事業物件』

NO.4『旅館業とは?』

NO.5『簡易宿所営業とは』

NO.6『簡易宿所の条件』

NO.7『民泊のトラブル①近隣トラブル』

NO.8『民泊のトラブル②マナー違反』

NO.9『民泊のトラブル③事故・事件』

NO.10『ジャパン・レール・パス』

NO.11『ローコスト・キャリア』

NO.12『宿泊の多様性』

NO.13『合法的な民泊とは?(簡易宿所、特区民泊、民泊新法)』

NO14『民泊マッチングサイト研究』

NO.15『民泊運営のパターン』

NO.16『簡易宿所の営業許可取得の流れ』

NO.17『インバウンドは消費型から体験型の度へ!』

NO.18『観光情報はブログ・SNSが主流』

NO.19『簡易宿所のルームクリーニングはどうするのか』

NO.20『フロント設置義務と無人チェックイン』

NO.21『外国人旅行者に向けた道案内とは?』

NO.22『サイトコントローラーを使って予約を一元管理』

NO.23『外国人旅行客へ向けてのアプローチ』

NO.24『集客はレビューが鍵を握る』

NO.25『違法民泊を続けていると逮捕される?』

NO.26『世界の民泊事情』

NO.27『民泊の収益性の計算方法』

NO.28『簡易宿所の立地選び』

NO.29『簡易宿所が高稼働する5つの条件』

NO.30『簡易宿所のターゲット設定を考える』

NO.31『投資として見た「民泊新法」はどうなのか』

NO.32『民泊はすでに飽和しているのか』

NO.33『簡易宿所にふさわしい内装・インテリア』

NO.34『簡易宿所に必要な消防設備』

不動産投資を失敗しないためには、投資に関する情報を常にキャッチアップし、一時の感情で決断しないことです。不動産投資のプロであるダイムラー・コーポレーションは投資家の皆様に良質な物件をご紹介し、スピード感のあるサポートをいたします。一人ひとりに合った大事な資産形成をご提案致します。

無料登録してもっと見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ABOUT

ダイムラー・コーポレーションについて

面談のご予約や投資物件サイト"クラブ・ダイムラー"への会員登録はこちらから。
当社に関するご質問・ご相談等ございましたら、お問い合わせフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。