DAIMULAR CORPORATION

民泊
2017年12月26日

NO.36『簡易宿所代行業者のコストは賃貸よりも高い!?』

NO.36『簡易宿所代行業者のコストは賃貸よりも高い!?』 イメージ

簡易宿所を投資としてはじめる場合、管理運営(オペレーション)をどのようにするのかという問題があります。不動産賃貸であれば管理会社に委託する、自主管理をするという選択肢がありますが、簡易宿所も同様で代行業者に委託する、もしくは自主運営をすることもできます。オペレーションで必要なのは、ホテルサイトへの掲載、その際のレート設定(料金設定)、予約管理、宿泊客とのやりとりは複数言語対応が必須で、事前のメール・電話でのやりとりから、チェックイン・チェックアウト対応、宿泊時のサポート(トラブル時現場出勤)、宿泊後のサポートまでを行います。その他、クリーニング手配、アメニティの補充、レビュー管理などがあります。上記のように一連の運用を行った結果、最終的にどの程度の収益が出たのかの運用報告を行うのもまた業務の一環です。不動産賃貸でいうプロパティレポートに該当します。毎月の物件の稼働状況や収益などを、レポートとして提出するのが一般的で、そこは賃貸経営と変りません。気になる代行会社のコストですが、一般的に売上の何%といった形で決められています。ちなみに不動産賃貸であれば、管理費の相場3%~5%、高くても8%といったところですが、簡易宿所では15%~30%で、平均で20%が目安です。これに追加で清掃費用がかかるのは不動産賃貸も同じですが、「定期清掃で月額いくら」ではなくて、簡易宿所は実際に清掃を行った数で計算されることが多いです。ルーム清掃については部屋の広さによって金額が変り、各社によりサービス内容も変わるため、金額だけでなく、どういった内容の清掃をするのかをよく確認しましょう。清掃については「簡易宿所のルームクリーニングはどうするのか」も参考にしてください。なお、売上にかける料率についても「とにかく低ければ良い」ということもなく、その料率でどんなサービスが受けられるかをチェックする必要があります。というのも、サービス内容を細かく切り分けて別料金として請求していく会社もあるからです。結局、月々支払う金額はトータルで売上の何%になるのかをしっかり見極めましょう。代行業者の利用法でいえば、運営だけでなく、簡易宿所の申請代行や部屋のプランニング(リフォームや内装コーディネート含む)など、簡易宿所をはじめるまでのサポートを行う業者もあります。そうなればスタートから運営までワンストップで委託することが可能です。逆に「運営は自分でするけれど、清掃のみ外注する」といった一部分だけをアウトソーシングするやり方もあります。自身にあったスタイルで行えるのもまた、不動産賃貸業と似ている部分でもあります。

■ 【民泊シリーズ】・・・・・・・・・

NO.1『ヤミ民泊の実態① 無断転貸』

NO.2『ヤミ民泊の実態②民泊向け物件』

NO.3『ヤミ民泊の実態③事業物件』

NO.4『旅館業とは?』

NO.5『簡易宿所営業とは』

NO.6『簡易宿所の条件』

NO.7『民泊のトラブル①近隣トラブル』

NO.8『民泊のトラブル②マナー違反』

NO.9『民泊のトラブル③事故・事件』

NO.10『ジャパン・レール・パス』

NO.11『ローコスト・キャリア』

NO.12『宿泊の多様性』

NO.13『合法的な民泊とは?(簡易宿所、特区民泊、民泊新法)』

NO14『民泊マッチングサイト研究』

NO.15『民泊運営のパターン』

NO.16『簡易宿所の営業許可取得の流れ』

NO.17『インバウンドは消費型から体験型の度へ!』

NO.18『観光情報はブログ・SNSが主流』

NO.19『簡易宿所のルームクリーニングはどうするのか』

NO.20『フロント設置義務と無人チェックイン』

NO.21『外国人旅行者に向けた道案内とは?』

NO.22『サイトコントローラーを使って予約を一元管理』

NO.23『外国人旅行客へ向けてのアプローチ』

NO.24『集客はレビューが鍵を握る』

NO.25『違法民泊を続けていると逮捕される?』

NO.26『世界の民泊事情』

NO.27『今後、民泊の収益性はどうなるのか?』

NO.28『簡易宿所の立地選び』

NO.29『簡易宿所が高稼働する5つの条件』

NO.30『簡易宿所のターゲット設定を考える』

NO.31『投資として見た「民泊新法」はどうなのか』

NO.32『民泊はすでに飽和しているのか』

NO.33『簡易宿所にふさわしい内装・インテリア』

NO.34『簡易宿所に必要な消防設備』

NO.35『メジャーな観光地が外国人に好まれるとは限らない』

不動産投資を失敗しないためには、投資に関する情報を常にキャッチアップし、一時の感情で決断しないことです。不動産投資のプロであるダイムラー・コーポレーションは投資家の皆様に良質な物件をご紹介し、スピード感のあるサポートをいたします。一人ひとりに合った大事な資産形成をご提案致します。

無料登録してもっと見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ABOUT

ダイムラー・コーポレーションについて

面談のご予約や投資物件サイト"クラブ・ダイムラー"への会員登録はこちらから。
当社に関するご質問・ご相談等ございましたら、お問い合わせフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。